PUBGのおすすめ感度やグラフィック設定を紹介!【プロゲーマーの使用デバイス】

ども!設立人のくまです!

今回は、PUBGに最適なおすすめの感度や画面設定を紹介します。

あくまでもプロゲーマーの設定を参考にまとめたものなので、丸パクリせずに自分でプロデバを参考に研究してください。

PUBGは非常に重たいゲームで、快適にプレイするにはかなりの性能のPCを使用するか、ゲーム内の画質設定を下げる必要があります。

今回は、PUBGの画質を保ちながらも快適にプレイすることが出来る画面設定と、おすすめのGPUを紹介します。

闇雲にデバイスや設定を探すよりも、他の人の使用しているデバイスや設定を参考にすることで、より効率的に自分に合ったベストな周辺機器をそろえることができます。

当サイトはPUBGを始め、様々なプロゲーマーからアマチュアゲーマーまでの設定や使用デバイスを見やすくまとめました。

これらを参考に自分に合ったデバイスを探してみてください!

PUBGの最適なマウス設定

上のボタンからPUBGのプレイヤーが使用しているマウスを参考に、まずは自分に合ったマウスを購入しましょう。

マウスはデバイスの中でも最もと言って良いほど重要なものとなっております。

プロゲーマーが実際に使用しているデバイスをそのまま使用するのも良いですが、一番はそれを参考に自分で実際に触ってみる事をおすすめします。

くまさんのお勧めは、ネットで大方候補のマウスを決めて、レビューを見た後に店舗に行き、実際に触った後にネットで買う事です。

ではここで何故ネットで購入するのかと言いますと、ただ単に値段がネットの方が安い事が多いからです。(ネットが絶対安いとは限りません)

またマウス選びの際に、よくDPIという言葉を目にするかと思いますが、これが高ければマウスの性能が高いというわけではありません。

理論上はDPIを上げることで強いですがそれはあくまで理論上です。

感度は本当に人によって変わってきますが、多くの人が収まるベースラインがあります。

プロゲーマーのマウス感度を分析して当サイトにまとめています。それらをただ単にパクるだけでは自分に合った設定とは言えませんが、設定探しの助けになると信じています。

↓お勧めマウス

Gprowireless

因みにGproワイヤレスはフォートナイトにとどまらず、多くのゲームタイトルで活躍しているプロゲーマーに多大なる人気を集めています。

とにかくGproは軽さが武器で本当にストレスフリーです。更に左右対称という事もあり、左利きの人も使えますね!

PUBGの感度とeDPI

プロのマウスDPI

  • 800DPI 42%
  • 400DPI 42%

マウスの感度については、プロの82%が800DPI以下(インチあたりのドット数)を使用しています。

プロの使用しているDPIを見ると400DPIか800DPIのどちらかという感じです。

これはほとんどのプロPUBGプレイヤーがCS:GO等のFPSゲームの経験があるという理由があります。

人間は感度を感覚で覚えますので、変えないというのは妥当でしょう。

DPIはデスクトップ作業が快適に出来る程度に設定することをおすすめしますが、あまりに高いのはおすすめしません。

ゲーミングマウスは16000DPI等の超高いDPIにも対応できるよう設計されていますが、1601DPI以上にするのは利点が無くおすすめできません。

PUBGのゲーム内感度

  • 平均感度:43
  • ターゲット感度:40
  • スコープ感度:40
  • 2xスコープ:39
  • 3xスコープ:39
  • 4xスコープ:39
  • 6xスコープ:39
  • 8xスコープ:39
  • 15xスコープ:39

プロのPUBGプレイヤーの設定をまとめてみました。(平均)

PUBGのデフォルト設定では全ての値が50に設定されています。

あくまで上に示したのは、プロゲーマーの平均の値ですので、これを参考に自分に合った感度設定を試しましょう。

ほとんどのプロゲーマーは遠距離の敵に上手くヒットさせるためにスコープ感度を下げる傾向にあります。

おすすめは、遠距離の敵に上手く照準を当てれるように低い感度にしつつ、近距離の敵にもエイムできるような感度にすることをおすすめします。

PUBGに最適なヘルツ(Hz)

プロが使用しているモニターヘルツ(Hz)

  • 144Hz66%
  • 240Hz23%

プロゲーマーで60hz未満のモニターを使用しているプレイヤーはいません。

PUBGは初期のころ144hzが最大リフレッシュレートだったので、ほかのゲームに比べて240Hzのモニターを使うプロゲーマーが少ない事が分かります。

それでもプロゲーマーで最低でも75Hzのモニターを使用している事が分かります。

高いリフレッシュレートのモニターを使用すると、非常に画面のアクションが滑らかになり、ゲームのパフォーマンスが向上します。

そのため、なるべく高いリフレッシュレートのモニターを購入することをおすすめします。

幸いなことに、BenQ XL2411  やASUS VG248QEなど、多くの手頃な価格の144Hzモニターがあります。

しかし、240hz等の高いリフレッシュレートのモニターを購入しても、240FPS以上出ていないとその真価は発揮できていませんよね。

よってより高い性能のGPU(グラフィックボード)を使用する必要があります。

今回はプロゲーマーが実際に使用している人気のGPU(グラフィックボード)をまとめておきます。

平均予想FPS-推奨設定

  • RTX2080Ti 200FPS
  • RTX2080 188FPS
  • GTX1080Ti 180FPS

推奨設定なのでかなり低いですが、設定を下げるなどすれば実際はかなりのFPSをたたき出します。

勿論RTX2080Tiをお勧めしない理由は無いのですが、予算やコスパを考えるともっとほかのグラフィックボードをお勧めします。

それには実際に自分のお気に入りのプロゲーマーが何を使用しているかも参考になるかもしれません。

いずれにせよ、144hz以上のモニターを使用することは絶対といっても過言ではありません。

より上位を目指したいのであれば、144hz以上のモニターを購入し、144hz以上のフレームレートを出せるGPU(グラフィックボード)を搭載することをおすすめします。

PUBGの解像度設定

最も使用される解像度

  • 1920×1080 57%
  • 1728×1080 34%

前述のとおり、より上位を目指したいのであれば高いPFS値は必須と言えます。

そのためほとんどのプロゲーマーは1080p以下の解像度でプレイしています。

これはより高いFPSを出すためです。ちなみに1440pでプレイしているプロゲーマーは全体の約3%とかなり少ないです。

PUBGのおすすめグラフィック設定

FPPモードの視野角はお好みで設定してください。103はより広い視野ですが、少しFPSが落ちます。

まとめ

いかがだったでしょうか?今回紹介した内容と、実際にプロゲーマーの使用しているデバイスや設定を参考に、自分に合った物を見つけてください。

色々なゲームのグラフィック設定を見ればわかるかと思うのですが、ほとんどのプロゲーマーが画質設定を低にしています。

それはより高いFPSを得る事と、敵の視認性を高めるためです。もしあなたの設定が高い場合は一度下げてみる事をお勧めします。

最新情報をチェックしよう!