プロに人気のフォートナイトに最適なゲーミングモニターまとめ【プロゲーマーの使用デバイス】

沢山フォートナイトでビクロイをしたいですよね!でも簡単には出来ないです。

もしかしたら、マウスやモニター等の周辺機器(デバイス)が妨げになっている可能性があります。

特に人間は視覚からの情報を重要としていますので、それを司るモニターは非常にゲーム体験に影響を及ぼします。

遠くの爆発、敵の建築、一瞬見える敵の位置などは、100分の1コンマレベルで争われます。

高性能なモニターにすることで、より早く反応し対応できるようになります。

プロゲーマーが使用しているモニターを分析し、Fortniteで最も使用されている5つのモニターのリストを作成しました。個人的な好みに左右されますが、ガイドラインとしてこのリストを使用することは、新しいマウスを選ぶ際の参考になるでしょう。

モニターがフォートナイトに及ぼす影響

冒頭で述べたように、フォートナイトは非常に情報量が多く、忙しいゲームです。

普通のゲームやバトロワでは、建築要素がありませんので、まずそこで情報量が一気に増えます。

それらの情報を逃さず瞬時に認識するために、リフレッシュレートの高いモニターを選ぶ必要があります。

何処のサイトでも言われていますが、フォートナイト等のFPSゲームやアクションゲームで本気で楽しみ勝ちたいのでば、最低でも144FPS以上のモニターが必要です。

144Hz(ヘルツ)モニターは、通常の定番の60Hzディスプレイに比べて毎秒2倍以上のフレームを表示します。

画面上のアクションがはるかにスムーズになり、答性が大幅に向上し、ゲームをしているというより現実の一部かの様な感覚になります。

別にこれは誇張しているわけではありません。フォートナイトのプロゲーマーのうち通常の60Hzモニターを使用しているのは1%未満です。 

他のすべてのプロフォートナイトプレイヤーは、少なくとも144Hzモニターを使用しています。

もし今新しいモニターを検討している場合は、強く144hz以上のモニターをお勧めします。

特にモニターはそこまで頻繁に変える周辺機器ではないため、ケチらないようにしましょう。

もし予算があるのであれば、240hzのモニターの購入をお勧めします。(今回紹介するモニターの大半は240hzモニターです)

人気のモニターのメーカー

↑モニターの人気メーカーTOP4を表にしました。(2020/01/25現時点)

ASUSとBenQは(ゲーミング)モニターに関して長年の歴史があります。そのため、これら2つの会社が人気ゲーミングモニターのTOP4の大半を占めている事は不思議ではありません。

両社は、「基本的な」予算の144Hzモニターから、モーションブラーの低減やG-SyncまたはFreeSyncなどの追加機能を搭載した最新の240Hzディスプレイまで、幅広いラインナップを展開しています。

勿論高級なモニターはありますが、安価なモニターもありますので安心してください。

このBenQとASUS以降からガクッと使用率が下がっています。

エイリアンウェアユーザーは、特にAW2518Hモデルのみを選択しています。

ALIENWAREAW2518H

他のメーカーもあちこちで紹介されていますが、これらの4つのメーカーの他に1つ選ぶとすればAOCでしょう。TOP4を狙える何かしらの武器を持っています。

AOCは今回紹介しませんが、非常にモニターのデザインが良い割に価格は抑えめです。(2020/01/25現時点で約22,000円です)

性能も劣っているわけではないので、安く高性能なモニターが欲しい場合はAOCを検討してみましょう。

AOC AGON G2590PX

↓こちらからフォートナイトの各プロゲーマーの使用デバイスを確認できます。

フォートナイトの人気モニターTOP5+α

↑表にまとめてみました(2020/01/25現時点)

今回は、フォートナイトのプロゲーマーが使用しているゲーミングモニターのうち、最も使用率の高かったモニターTOP5を紹介します。

「多くの人が使っている間違いない。」これはマウス等の直接手に触れる個人差のある物には言えませんが、モニターには強く言える事です。

1. Alienware AW2518H

仕様

AW2518Hは、240Hzのリフレッシュレート、1 msの応答時間、TNパネルの非常に優れた画質を誇る25インチモニターです。このモニターで得られる「もっと欲しいもの」を完成させるために、このモニターはG-Syncもサポートしています。

見た目

このモニターのベゼルは非常に滑らかで魅力的に見えます。Alienwareには、モニターの背面にプログラム可能なRGB照明も含まれているため、ほかの周辺機器と同期させたりすることで、おしゃれにカスタマイズができます。

この特徴的なスタンドは、かっこよくて良いですが実用性には少し欠けます。

スタンドを使用すると、画面自体の傾斜、ピボット、スイベル、および高さの調節ができます。

モニターには2つのUSBポートがありますので、非常に便利です。

オススメする理由

市場で一番性能の高いモニターをお探しの場合は、このAW2518Hをお勧めします。

スタンドの見た目は誰もが好むデザインではありませんが、(薄いベゼルは非常に美しいです)パフォーマンスに関していえば決してウィークポイントとは言えません。

240Hzのリフレッシュレート(およびG-Sync)は、現時点で購入できる最高のゲームモニターの1つですが、この超高速モニターを最大限に活用するには、高性能なPCが必要になることに注意してください。

2. ASUS VG248QE

敢えて最新機種ではない

普通、このような人気オススメリストを作成するときは、新しくて人気の製品をピックアップするのですが、今ではこのASUS VG248QEは古いモデルとなっています。

よって最先端の機能を搭載しているわけでもなく、デザインも無難なものとなっていますが、多くの人に愛用されています。

(この製品は新品での購入ではなく、中古市場での購入をお勧めします。)

これは、古いモデルのため、中古市場で非常に安価取引されているためです。(決して性能が悪いわけではありません)

堅実な性能

先ほども述べた通り、ASUSとBenQ Zowieは、モニターに関して最もよく使用されている人気ブランドの1つであり、すべての製品がお勧めできるほどしっかりと作られています。

よってASUSとBenQ Zowieは上級者から初心者まで幅広くお勧めできるメーカーとなっており、このVG248QEは、BenQ ZowieXL2411とともに、市場で最も推奨される「初心者」144Hzモニターの1つです。

このVG248QEは、1msの応答速度と(もちろん)144hzのリフレッシュレートを備えた、コストパフォーマンスの非常に高いゲーミングモニターです。

モニター自体も、旋回、傾斜、および高さ調整が可能です。それぞれ個人の最適な位置に調節することができますので、シンプルながら非常にお勧めです。

オススメする理由

VG248QEは、この記事で紹介する他のモニターよりも、全体的なデザインと仕様の両方に関して控えめになっています。

しかし、それによって非常にコストパフォーマンスの高いものとなっていますので、予算を抑えたいという方にはお勧めです。

初めて144hzモニターを購入しようと検討している場合は、こちらの製品を検討しましょう。

しかし、新品市場ではほかのメーカーやASUS内でも更に格安モニターが出てきていますので、フリマ等の中古市場で購入することをお勧めします。(型落ち狙いってやつです)

3. ASUS ROG Swift PG258Q

超高性能

見た目、実用性、性能、サポートどれをとっても高性能なASUS ROG Swift PG258Qは非常に人気の高いものとなっております。

240Hz駆動リフレッシュレートで、1ミリ秒の応答時間、薄いベゼル、完全に調整可能なスタンドと、完璧な造形のスタンドがASUS ROG Swift PG258Qには詰まっています。

さらに、G-Syncが搭載されているため、トップレベルのゲームディスプレイに必要な物がすべて搭載されていますFreeSync版もあります)

初心者にはお勧めできない

ここまで高性能な製品なので、勿論エントリーモデルではありません。ハイエンドモデルです。よって価格は勿論高くつきます。

印象的な技術仕様に加えて、ASUSには、低ブルーライトテクノロジー(深夜のゲーム用)やさまざまなゲームジャンル用の個別のコントラストプロファイルなどの、無数の追加機能が搭載されています。

もしあなたが様々な追加機能が欲しい場合は、ASUS ROG Swift PG258Qが非常にピッタリです。

オススメポイント

ASUS ROG Swift PG258Qは、フォートナイト、CSGO、COD、PUBG、レインボーシックスシージ等のビックタイトル全てでよく使われている人気のゲーミングモニターです。

それからもわかる通り、様々なゲームの需要にこたえることができ、ユーザーも沢山いるという事なので何か問題があった時に解決しやすくなります。

このASUS ROG Swift PG258Qは、e-Sports等の競争力のあるゲームタイトルの為に開発されているため、望む機能はほぼ全て搭載されています。

PG258QとAlienware AW2518の間には非常に多くの似ている点(全体的な設計と仕様の両方に関して)があります。

したがって、どちらかで迷っている場合はデザインとその価格で決めましょう。

4. BenQ Zowie XL2411

定番144hzモニター

BenQ Zowie XL2411は、エントリーレベルの144Hzモニターです。

よく144hzのゲーミングモニターでお勧めされているのがこのモニターです。

ASUS VG248QEと同様に、これは非常に基本的なモニターです。デザインはかなりシンプルですが、これが悪い製品であると言っているわけではありません。

XL2411は、ほかのBenQ製144hzゲーミングモニターに比べ、財布にやさしいです。価格は「業界標準」の144Hzモニター並みです。

高いコストパフォーマンス

XL2411はBenQが最初に出した144hzモニターです。実際、デザインの面でも性能の面でも非常にシンプルで標準的です。

しかし、144Hzディスプレイ、1 msの応答時間、調整可能なスタンド、BenQ ZowieのBlack eQualizerなどの機能が搭載されているため、これは通常のオフィスモニターではありません。

Zowieの開発陣は派手なルックスよりもパフォーマンスを優先し、このモニターはその意思をダイレクトに継承しています。

ただし、VG248QEの場合と同様に、画質をいくらか犠牲にする必要があります。高リフレッシュレートモニターはTNパネルを使用しているためです。

しかし、ゲームに画質を求めてはいけませんので、もしオフィスで使用したいとお考えの場合は、TNパネル搭載のゲーミングモニターは避けましょう。

オススメポイント

「初心者」で144Hzモニターをお探しの場合は、BenQ ZowieXL2411をお勧めします。

BenQは常にこの製品を改良しています(だからこそ、XL2411の多くの異なるバージョンが存在しています)

信頼できるBenQ製のモニターなので、安心して長く愛用することができます。

5. BenQ Zowie XL2546

無駄がない性能

XL2546は1 ms、240Hzの高性能ゲーミングモニターであり、このリストの他のモデルのようにFreeSyncG-Syncをサポートしていませんが、かなりの量の追加機能があり、価値があります。BenQのDyAcがブレ軽減技術として搭載されています。

G-Syncの不足を補うために、XL2540には便利な追加機能がいくつかあります。

ブラックイコライザーは、ディスプレイ自体に色のバイブランス(映像の明瞭さ)を微調整する機能で、暗い所の敵などが見やすくなります。

直感的なデザイン

側面のプライバシーシールドを外した場合、XL2546は、1つの小さな点を除けば、ごく一般的なモニターに見えます。

その1つの点とは、S-Switchその小さなコントローラーを使用してOSD(画面表示)をナビゲートできますが、S-Switch自体に個人モニター設定を保存できるように内部メモリーもあります。

スイッチを使い、互換性のあるBenQ Zowieモニターに接続するだけで、自分好みの画面設定でプレイできます。

e-Sportsカフェなどに頻繁に行く人にとっては、画面設定の手間が省けるので非常に楽になるでしょう。

オススメポイント

G-SyncやFreeSyncを必要とせず、周りの目線を気にしないでゲームに没頭したい人は、XL2546がピッタリです。

必要なすべての機能(240Hz、1 msの応答速度など)があり、S-Switchなどの物理的に役立つ機能が付属しています。

毎秒240フレームでゲームを処理できる高性能なPCをお持ちの場合は、是非XL2546の購入を検討してみてください。

6.GIGACRYSTA EX-LDGC251UTB

こちらは僕が現在使用しているモニターなのですが、非常にコストパフォーマンスが高いです!

今回紹介したほかの240HZモニターに比べ¥40,949 (2020/01/25現時点)と安いので、お金を節約した良けれど240HZモニターが欲しいという方は、検討してみてください!

↓レビューです!

【EX-LDGC251UTB】240hzモニターがゲームに最適でコスパ最強だった!【レビュー】

まとめ

いかがだったでしょうか?プロゲーマーの使用しているデバイスを参考にしているので、かなり信憑性の高いものとなっております。

加えてモニターは直接手に触れるものではありませんので、個人差が非常に少ないです。ネットのレビューを参考に、モニターは選択することをお勧めします。

情報についてのお願い

掲載している情報が足りない、古い、間違っている部分があれば下のコメント欄からお知らせ頂くようお願いいたします。

e-Sportsを盛り上げていきましょう!

↓フォートナイトのプロゲーマー一覧はこちらから

最新情報をチェックしよう!