プロに人気のフォートナイトに最適なゲーミングキーボードまとめ【プロゲーマーの使用デバイス】

キーボードは、デバイス選択の際に無視されることが多いですが、実際にはそうすべきではありません。

必要なすべての機能とを備えた自分に最適なメカニカルキーボードを見つけると、プレイ中の快適性が向上し、場合によっては実際のゲームスキルも向上します。

すべてのメーカーが少なくとも1台のメカニカルゲーミングキーボードを製造しているため、最近ではどれを購入すれば良いか分からなくなってきました。

そういうわけで、今回はフォートナイトのプロシーンで最も使用されている5つのメカニカルキーボードのリストを作成しました(2020/01/25現時点)

このリストでは、各キーボードの仕様と機能について簡単に説明し、おすすめポイントを加えて紹介します。

メカニカルキーボードが大事な理由

先ず、プロゲーマーの使用しているデバイスを見ると、メカニカルキーボードであることが大前提のようになってきています。

メカニカルキーボードには、通常のメンブレンキーボードに比べて多くの利点があります。

例えば耐久性です。

標準的なCherry MXスイッチ(最も一般的に使用されるメカニカルスイッチ)の寿命は約5,000万回です。

これを従来のメンブレンスイッチの平均寿命である500万(平均)と比較すると、その耐久性がいかに凄いかがわかるでしょう。

耐久性は別として、メカニカルキーボードの主な利点は、メカニカルスイッチがはるかに信頼性が高く正確に使用できるという事実にあります。

レベルの高いプレイをしている場合、戦闘中に1回でもキーが反応しなかったら、壁などを建築することができず、間違いなく不利になってしまうので、すべてのキーストロークが入力される必要があります。

メカニカルキーボードは非常に反応性が良く、メンブレンキーボードに比べてより高度なプレイを可能にできます。

これらのメカニカルボードを非常に魅力的にするもう1つの側面は、選択できるオプションが非常に多いという事実です。

非常に多くのデザインや機能が搭載されている高機能な物がメンブレンキーボードに比べてメカニカルキーボードには多いので、お勧めできます。

要するに、ゲームを本気で取り組むのであれば、メカニカルキーボードが必要になります。

人気のモニターのメーカー

↑キーボードの人気メーカーTOP5を表にしました。(2020/01/25現時点)

驚くべきことに、1位にDUCKYが君臨しています。

数年前までは、DUCKYというキーボードはそこまで人気ではありませんでしたが、プロシーンでDUCKYを見るようになってから、一般ユーザーも使用し始め今(2020/01/25現時点)一番人気のあるメカニカルキーボードとなっています。

長い間1位に君臨していたRAZERは現在4位まで落ち込んでいます。

1. Logicool G Pro Mechanical Keyboard

プロフェッショナル向け

LogitechのG Pro製品は、プロのゲーマー向けに一から企画設計されています。

G Proメカニカルキーボードでも同じです。TKL(テンキーレス、つまりテンキーなし)バージョンでのみ提供され、ほとんどすべてのゲーミングキーボードにあるカスタマイズ可能なRGB照明は別として、派手な機能はあまり搭載していません。

上記のRGB照明をオンまたはオフにするボタンと、ゲームモードボタン(特定のボタンを無効にして、誤ってWindowsキーを押してスタートメニューに行かないようにする)が表示されます。プロのゲーマーはこれ以上何も必要としないので、オールオッケーです。

キーボードは頑丈なプラスチックで作られており、取り外し可能なケーブルが付属しています。

利用可能なスイッチ

G Proメカニカルキーボードは、LogitechのRomer-G Tactileスイッチでのみ購入できます。

これらのスイッチは万人向けではないという意味で少し欠点があります。

Romer-Gの触覚は、CherryMX Brownのスイッチ(一般的な物)に少し似ています。それらは悪いスイッチではありませんが、主流のスイッチとは実際に全く同じ感触というわけではありませんので、一度試してみることをお勧めします。

しかし、非常に軽くて「高速」なスイッチですので、あなたが今のキーボードでジャムるのであれば、このキーボードはお勧めできます。

2. Ducky One 2 Mini

流石のDUCKY MINI!

名前の通り、今回紹介するメカニカルキーボードの中で、一番小さいデザインです。

この小ささにより、机のスペースを確保することができ、よりマウスをストレスフリーに動かすことができます。

ベゼルは非常に薄く、非常に小さいのが利点ですがそれによる欠点もあります。

それは矢印キーなどが無いという事です。それらのキーが必要な場合はお勧めできません。

もしあなたがそれらのキーを必要としないのならDucky One 2 Miniは非常にお勧めできます。

多くのプロゲーマーが使用しているという実績と信頼がありますので、安心して購入することができます。

更に、RGB照明も非常に綺麗ですので、これは直接ゲームプレイに影響しませんがモチベーションアップという面では良い効果があるでしょう。

しかし、今までとは違う斬新なデザインのため、慣れるまでは少しの時間がかかります。

利用可能なスイッチ

One 2 Miniを購入するとき、青軸、赤軸、黒軸、銀軸、静音赤軸などのCherry MXスイッチを選択できます。

多くの人はゲームに赤軸を推奨していますが、これは好みの問題だと感じており、この軸がオススメだ!と言うのは本当に難しいです。

3. Corsair K65

コンパクトなデザイン

最近のフォートナイトのプロは、より小さいゲーミングメカニカルキーボードを使用する傾向にあります。

Corsairはキーボードでよく知られています(他の周辺機器もありますが、キーボードは特に有名です)

日本では知らない人もいるかと思うのですが、かなり有名メーカーなのでこのリストに選ばれるのも不思議ではありません。

K65はテンキーレスキーボードですが、もっともコンパクトなゲーミングメカニカルキーボードではありません。

これは、テンキーを切断することで得られる余分なデスクスペースを確保することと、なるべくキーボードの機能を削りたくないという意味での妥協点です。

音量調節ボタンと、ゲームモードを有効にするボタン、サウンドをミュートするボタン、LED照明を切り替えるボタンがあります。

USBパススルーポート取り外し可能なリストレストもあるので、机のスペースを確保したいが、キーボードの機能はしっかりと備わっているという人にはお勧めできます。

利用可能なスイッチ

K65自体は、赤軸MXスイッチでのみ使用可能です。K65 Rapidfireもあります。これはまったく同じキーボードですが、CherryMX Speedスイッチが搭載されています。

4. SteelSeries Apex Pro TKL

高い技術力

SteelSeriesは、このキーボードを「35年以上前のメカニカルスイッチの発明以来、メカニカルキーボードの最大の飛躍」と呼んでいます。

これは大胆な主張ですが、それを裏付ける機能がいくつかあります。

SteelSeriesの新しいオムニポイントスイッチは、従来のスイッチが提供するものよりもはるかに速い応答時間と作動ポイントで、更に自分でスイッチの感度をカスタマイズすることができます。

たとえば、フォートナイトをプレイしているときと、学校のレポートを入力しているときとで異なる感覚でタイピングできることを意味します。

更に、キーボードがアルミニウムから作られていることから、専用のマルチメディアコントロールと磁石リストレストが付属しています

全体としてこれは非常に印象的なキーボードであり、様々な機能がぎっしり詰まっています。

利用可能なスイッチ

SteelSeries Apex Pro TKLには、感度の調整可能なオムニポイントスイッチが付属しています。

5. Corsair K70 RGB (Mk. II)

フルサイズのキーボード

Corsairは、ゲーム用メカニカルキーボードの主流化を支援した企業の1つであり、現在でもキーボードはCorsairにとって大きな市場となっています。

K70は、専用のメディアコントロールと適切に設計されたボリュームロッカーを備えたフルサイズのキーボードです。

快適な打ち心地と見栄えの良いRGB照明を備えた完全にカスタマイズ可能なキーボードで、付属のリストレストが付属しています。

利用可能なスイッチ

Corsairは通常のCherry MXスイッチを使用していますが、K70 RGBはこの時点(2020/01/25現時点)で古いキーボードであることに注意してください。

このキーボードを今探そうとすると、Mk.2バージョンしか見つからないでしょう。

現在も様々な改良が加えられているためです(基本的なデザインは当初から変わっていません)

Mk.2はCherry MX Speed(これは「K70 Rapidfire」と呼ばれていました)、赤軸、茶軸、青軸、および各軸の静音版を利用できるため、多くの選択肢があります。

まとめ

いかがだったでしょうか?見て分かる通り、キーボードは他のデバイスと違い、強くお勧めできる製品がありません。

しかしプロゲーマーのほとんどがメカニカルキーボードを使用しているためメカニカルキーボードを選択することは強くお勧めします。

この記事では、クッション性のあるリストレストを備えたフル機能のボードから、スリムで「用途に合わせた」デザインを優先する追加機能を省いた非常にコンパクトなボードまで、すべてを取り揃えています。

いずれにしても、この記事があなたのデバイス選びの参考になれば幸いです。何かあれば気軽にコメントしてくださいね:)では!

良ければカイくまのTwitterのフォローをよろしくお願いします!

 

最新情報をチェックしよう!