【CODモバイル】フレームレートFPSを上げて軽くなるお勧めの設定【重くてカクカクする人必見!】

ゲームをスムーズに実行するには少し高いスペックが必要なため、多くの古いスマートフォンや最近のスマートフォンでも、より高いフレームレート、FPSでCODモバイルを実プレイするのに苦労しています。ただし、ゲームをスムーズに感じるように微調整できる設定がいくつかあります。

1.品質を下げる

お使いのスマホがCODモバイルをスムーズにプレイできない場合、これが第一の原因です。ゲームの品質が高いほど、フレームレートが下がります。 お勧めは標準、低スペックなスマホの場合はにしましょう。

CODモバイルでは、品質は重要ではありません。なぜなら、品質最高でプレイしているユーザーと同じくらい明確に敵を見ることができるからです。非常に高いと低いの唯一の違いは、ゲームテクスチャ、スカイボックス、およびいくつかのエフェクトです。より多くのフレームレートを取得し、より良いプレイを可能にするには、これらすべてのゲーム体験を良くするものを犠牲にする必要があります。

しかし、要は敵が見えて倒せればよいだけなので、画質にこだわる必要はありません。

2.フレームレートを上げる

フレームレートはFPSまたはフレーム/秒を意味し、この設定はゲームがどれだけスムーズにプレイできるかを示します。最新の機種は高性能なプロセッサ、高メモリなどを備えているため、最大120 fpsでCODモバイルをプレイできます。設定では、フレームレート(低、中、高)の3つの選択肢があります。

  • 低:ゲームは1秒あたり約20〜30フレームレートFPSで実行されます。
  • 標準:レンダリングの少ない領域で最大60 fpsを実行します。
  • 最大:ゲームは、ほぼすべてのマップおよびゲームモードで約30〜120 fpsで実行されます(デバイスに依存する場合があります)。

違いを体験するには、中または高から選択する必要があります。通常は[高]を選択しますが、バッテリーを大量に消費します。

低パフォーマンスのデバイスの場合:フィールドの深み、ブルーム、リアルタイムシャドウ、ラグドールをオフにします。

3. カメラFOVを減らす

FOVはField Of Viewの略で、ベーシックの下スクロールして見つけることができます。この設定は視野角を意味します。しかし高い視野で多くのものを見ると、ゲームは多くのレンダリング処理を必要とします。これは、ゲームのfpsにも影響しますが、あまり影響しません。

最大fov(75)と最小(51)の比較を次に示します。

Fov = 75

Fov = 51

個人的には、あまり違いは感じられませんでした。

システム要件

アンドロイド

Call of Dutyモバイルを実行するには、Androidバージョン4.3以降が必要です。

iOS

iOSバージョン9.0以降が必要です。

結論

Call of Dutyモバイルの現在の状態では、これらの設定を微調整して、あらゆるデバイスで快適とまではいきませんがプレイすることが可能です。

シェアにご協力ください('ω')ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。